Sample Company

投稿論文 学会発表 学位論文

投稿論文

2017年度

Kyohei Yamada
『First demonstration of an emulsion multi-stage shifter for accelerator neutrino experiments inJ-PARC T60』

Theor. Exp. Phys. 2017, 063H02 (17 pages) DOI: 10.1093/ptep/ptx083

2016年度

2015年度

2014年度

2014年度

2013年度

学会発表

日本物理学会

秋季大会(2017.9)@宇都宮大学峰キャンパス

呉坪 健司
『』

高橋 覚
『』

丸嶋 利嗣
『J-PARC ニュートリノ実験NINJA:原子核乾板を用いた時間分解型大面積多段シフターの検出器性能評価』

水谷 深志
『』

第72回年次大会(2017.3)@大阪大学豊中キャンパス

呉坪 健司
『J-PARC T60:原子核乾板を用いた時間分解型大面積多段シフターの解析状況1』

高橋 覚
『』

丸嶋 利嗣
『J-PARC T60:原子核乾板を用いた時間分解型大面積多段シフターの解析状況2』

水谷 深志
『』

山田 恭平
『』

秋季大会(2016.9)@宮崎大学木花キャンパス

尾崎 圭太
『』

柴山 恵美
『』

高橋 覚
『』

丸嶋 利嗣
『』

山田 恭平
『』

第71回年次大会(2016)@東北学院大学泉キャンパス

秋季大会(2015)@大阪市立大学杉本キャンパス

第70回年次大会(2015)@早稲田大学早稲田キャンパス

日本写真学会

ICMaSS(International Conference on Materials and Systems for Sustainability)

(2017.10)@NagoyaUniversity,Aichi

呉坪 健司(2017.10)
『』

高橋 覚(2017.10)
『』

丸嶋 利嗣(2017.10)
『The Hybrid Analysis of Nuclear Emulsion Detector and Scintillation Detector with Time Resolving Multi-Stage-Shifer for NINJA』

ICRC(International Cosmic Ray Conference)

(2017.7)@Busan,Korea

高橋 覚(2017.9)
『』

ISTS(International Symposium on Space Technology and Science)

(2017.6)@Matsuyama,Ehime

水谷 深志(2017.6)
『』

学位論文

博士論文

尾崎 圭太(2016)
『ガンマ線天体観測のためのエマルション望遠鏡システムの開発と2015年度豪州気球実験の実現化』

六條 宏紀(2012)
『ガンマ線天体精密観測用エマルション望遠鏡の開発と気球実験GRAINEへの実用化』

修士論文

立石 友里恵(2017)
『宇宙ガンマ線精密観測計画GRAINE2015 年豪州気球実験に搭載したエマルション望遠鏡の膨潤処理およびデータ解析』

山田 恭平(2017)
『時間分解型エマルション検出器に関する研究~加速器実験への導入及び次世代モデルの開発~』

柴山 恵美(2016)
『エマルション望遠鏡による宇宙ガンマ線天体精密観測計画GRAINE2015年豪州気球実験のためのゴンドラ・圧力容器の熱設計およびデータ解析』

田輪 周一(2016)
『エマルション望遠鏡による宇宙ガンマ線観測GRAINE:2015 年豪州気球実験のための原子核乾板の最適化』

水谷 深志(2015)
『エマルション望遠鏡によるVela pulsar 位相分解観測のためのタイムスタンパーに関する研究開発』

釜田 啓樹(2014)
『エマルション望遠鏡による宇宙ガンマ線観測計画:次期気球実験の為の原子核乳剤の性能評価』

中川 諒(2013)
『原子核乾板による35MeV/c電子ビームの運動量測定』

尾崎 圭太(2012)
『エマルション望遠鏡による宇宙ガンマ線観測計画:姿勢モニターの開発及びエマルションの直線偏光ガンマ線の検出能評価』

六條 宏紀(2010)
『エマルションガンマ線望遠鏡のためのタイムスタンプ部の開発』

渡部 雄太郎(2008)
『ハイブリッドガンマ線望遠鏡のプロトタイプによる性能評価』

桐村 仁(2007)
『高エネルギー一次電子観測を目的としたJACEE実験ECCの再解析』

原 正年(2006)
『エマルションフィルムを用いたGeV領域γ線望遠鏡の開発に関する研究』

竹中 和彦(2000)
『K2K 実験におけるシンチレーティングファイバー飛跡検出器のヒットの認識法の開発とその研究』

塚崎 文子(2000)
『X線 CT 非破壊検査システムの制作と応用』

藤井 公雄(2000)
『シンチレーティングファイバー飛跡検出器に用いるイメージインテンシファイアチューブ特性に関する研究』

卒業論文

呉坪 健司(2017)
『ニュートリノ反応精密測定実験NINJA~大面積多段シフターの導入および時間情報を用いた飛跡検出効率の評価~』

松本 明佳(2017)
『宇宙線雲観測衛星(Cosmic rays Clouds Satellite )~小型衛星を用いたSvensmark 効果の検証実験計画~』

丸嶋 利嗣(2017)
『ニュートリノ反応精密測定実験NINJA~大面積多段シフターによる外部検出器とのハイブリッド解析~』

井上 達貴(2016)
『半導体検出器を用いた蛍光X線による原子の分析』

田中 僚(2016)
『GRAINE2015年豪州気球実験のフライトデータ解析ーコンバーター部飛跡の運動量測定ー』

薮 美智(2016)
『荷電粒子照射試験による原子核乾板の電荷識別能力評価』

立石 友里恵(2015)
『高感度型原子核乾板の長期特性』

山田 恭平(2015)
『加速器ニュートリノ実験における時間分解原子核乾板多段シフターの導入』

柴山 恵美(2014)
『エマルション望遠鏡による宇宙ガンマ線精密観測計画GRAINE乗鞍岳におけるフィルム性能評価試験および大気ガンマ線観測』

田輪 周一(2014)
『GRAINE計画 次期フライトに向けた準備状況新乳剤フィルムの性能評価』

水谷 深志(2013)
『宇宙ガンマ線精密観測計画GRAINE -次期フライトのための多段シフター駆動試験-』

水谷 早希(2012)
『エマルションガンマ線望遠鏡のための多重電磁散乱によるエネルギー測定に関する基礎的研究』

金山 太知(2011)
『エマルションガンマ線望遠鏡用コンバーター部のテストビームを用いた組立精度の評価』

釜田 啓樹(2011)
『原子核乾板中での多重電磁散乱を用いたGeVガンマ線の運動量測定』

中川 諒(2011)
『原子核乾板中のα崩壊核種の存在量に関する研究』

尾崎 圭太(2010)
『ガンマ望遠鏡のためのデイタイムスターカメラシステム開発に向けたCCDカメラを用いた基礎研究』

六條 宏紀(2008)
『ファイバートラッカーを用いた宇宙線角度分布測定』

久岡 伸良(2007)
『Si半導体検出器を用いたエネルギー分散型蛍光X線分析』

片山 大輔(2006)
『シミュレーションを用いたガンマ線望遠鏡の角度分解能に関する研究』

渡部 雄太郎(2006)
『γ線望遠鏡開発の為のシミュレーションテスト』

桐山 仁(2004)
『半導体検出器を用いたコンプトン散乱の実験』

原 正年(2004)
『半導体検出器を用いた蛍光X線による元素分析』

岩野 秀俊(2002)
『放射線計測システムのポータブル化』

塚崎 文子(1998)
『X線CT非破壊検査システムの製作』

竹中 和彦(1997)
『宇宙線の角分布測定と検出器の基礎的研究』